CAZAN珈琲店[No.11]

CAZAN珈琲店では 「人に優しい」「環境に貢献できる」事が目標の一つです。
ブラジル契約農場であるダ・ラゴア農園と地域の自然環境を守る為、絶滅危惧種である「パウ・ブラジル」(ブラジルの国名の由来となった木)を含めた在来種の木々を植樹し、牧草地や荒れた草原となった場所を従来の姿に戻す、「森林再生パートナープロジェックト」を2018年から行っています。

CAZAN珈琲店のコーヒーは、伊勢志摩備長炭を使用した炭火焙煎です。
伊勢志摩国立公園に構える炭焼き職人さんが、
炭の原料となるウバメガシを伐採することで、国立公園内の里山を守っています。

www.mountaincoffee.co.jp/corp/

 




前の記事

meets(ミーツ)[No.66]

次の記事

桐林館喫茶室[No.3]