FARMERS PASSION[No.9]

ネパールで180人のグループを作り珈琲の栽培と精製を行なっています。 自分達の土地を守るためにも 消費者の安心を守るためにも、オーガニック栽培に拘っています。
その後、3000人を超える珈琲生産組合と 価格はもちろん、将来のビションなども話し合いながら今後の話を進めています。
私たちが挑んだのは、無農薬によるコーヒー作りでした。 コーヒーの豆を実らせるコーヒーノキは、 樹種によりますが虫や病気に弱く、通常は農薬を使用します。
でも、私たちはネパールらしいコーヒーを作りたかったし、 そこに農薬や化学肥料を入れたくありませんでした。
様々な試行錯誤を経て、 たどり着いたのが森林農法と呼ばれるアグロフォレストリーです。 コーヒー畑に コーヒーノキだけを植えるのではなく、 フルーツやスパイスなど多様な作物を植えることで、 天然の日よけや虫除けの役割を担ってもらうのです。
それはまるで自然の森そのもの。 収穫期には、その森から恵みを受け取るように、一つ一つ手摘みで収穫します。
時間も手間も情熱も、 たっぷりかけて育てたコーヒー豆と、一緒に育った様々な農作物。 すべてが自信作です。 ぜひ丸ごと味わってください。

 

次の記事

BAYSIDE HILLS COFFEE[No.21]